ダイエット効果と健康への影響




最近増加しているのが、外見を気にしてダイエットをするのではなく、健康効果を期待してする人たちです。よく耳にするようになったのがメタボリック症候群という言葉で、これにより肥満対策が健康に効果的であることがよく知られるようになったからでしょう。もし体脂肪が増加してもそのままにしていると、色々な症状が体におこります。ダイエットは面倒だから、スタイルは特に気にしていないからと油断していると、体脂肪の増加によって生活習慣病リスクが上昇します。糖尿病や高血圧、高脂血症などの効果を受けやすくなるかもしれません。体重が増えると関節への負担も大きくなります。ヒザは全体重の60%の重さがかかる場所であり、歩いたり走ったりすると5倍ほどの荷重がかかります。ダイエットを怠り肥満をそのままにしておくと、膝の関節痛や腰痛などの症状も現れます。脂肪には、ダイエットをせず脂肪の蓄積量が増加することによって、抗酸化物質カロチノイドが蓄積されてしまいます。活性酸素に対する防御力が結果的に低下することになります。体内の抗酸化力が、ダイエットをしないでいると弱まってしまうのです。脂肪が増えると気づかないうちに体へ悪い効果が現れ、気づけば手遅れになっている場合があります。きちんとダイエットをして、取り返しのつかないことになる前に、健康効果を得られるように頑張りましょう。
タグ:効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。