ダイエットスープの種類




ダイエットスープの代表はなんでしょうか。やはり寒い季節に最適な豚汁や、トマトをベースに使ったミネストローネなどたくさんの野菜を一度に摂る事が出来るスープではないでしょうか。牛蒡、人参、大根、生姜、こんにゃく、里芋など、カロリー面だけでなく栄養価も優れた材料をたっぷり使えることが豚汁がダイエットスープになるゆえんです。豚肉はミネラルが豊富な食材で、リンやイオウ、カリウムなどが存在します。また、ビタミンも多いことが知られています。ビタミンB1は人体に欠かせない栄養素です。スタミナ源としてのビタミンB1を得るには、1日100gの豚肉で十分です。体内での吸収率も優れ、加熱にも壊れにくい事からダイエットスープの食材として最適な食材と考えられるのです。ニンジンにはβカロチンが含まれています。βカロチンは美肌に良く、抗酸化作用がある栄養素とされています。体の老化を促進する活性酸素を減らすことで、ガンを抑止したり、アンチエイジングにいいといいます。豆腐に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに近い性質があり美容にも期待できます。いずれも健康的なダイエットの味方となってくれます。この他、こんにゃくはなめらかな肌を形成するセラミドが多く、ゴボウは食物繊維が豊富で便秘を改善し腸の働きを良くする食材となります。体にいいダイエットを継続したいという方には、豚汁をダイエットスープとして積極的に利用してもらいたいものです。ミネストローネはトマトをベースに主に野菜から作られたスープです。スープ自体が非常に低カロリーであることから、ダイエットスープとして最適であると考えられます。トマトの成分でありリコピンは、抗酸化力があり美肌にも優れているため、スキンケア用品としても人気です。ミネストローネに含まれるトマトのリコピンは、ダイエットにいい他にも肌の状態の改善や健康を高めることができるものであると言われているのです。
タグ:食事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。