減量中の食事と体重

減量というとイメージするのは食事を少なくして体重を減らす方法でしょうか。減量中は、食事に気をつけることは、基本中の基本と言えます。極端に油脂や糖分を減らすという食事ではなく、カロリー量を制限しながら体に必要な栄養素をバランス良く摂取することです。油ものや炭水化物は太るもの、と一切食べないダイエットをする人もいるようですが、体に必要な栄養素が欠乏すると様々な身体トラブルが発生してしまいます。極端な食事制限による減量をすると、体に最低限必要な栄養を摂取できなくなり、反対に太りやすくなる傾向にあります。朝昼晩の食事を規則正しくしっかり食べることも大事です。朝を食べずにダイエットをする人もいます。朝を抜いて昼を食べると、不足気味のカロリーを体は昼にまとめて補おうとする性質があります。食事の回数を減らすと、エネルギーが一時的に足りなくなった身体が補われるカロリーをできるだけ使わず貯めようとします。ただ食べる量を減らすだけのダイエットは、一過性の減量にはなってもじきに以前の体重に戻ってしまいがちです。1日2回の食事で行うダイエットは、さほど効果の高いものでありません。食事を減らすだけの減量ではなく、基礎代謝の底上げなども意識して体脂肪の燃焼を促進してみてください。何もしなくても体温維持や臓器の機能維持のために消費するカロリーが基礎代謝で、人によって基礎代謝量は違います。食事量を減らしたり、栄養に偏りがあると基礎代謝は大幅に下がります。基礎代謝が低下すると体内のカロリーや脂肪が燃焼されづらくなるため、体重が増える原因になってしまうといいます。体重を減らすためには、ただ食事の量を減らせばいいというものではありません。栄養面や基礎代謝に留意することで効率的な減量が可能です。

ビーグレン 感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。