いろいろな標準体重

日々の体重の管理は健康管理にもつながりますが、基本にもなるのが標準体重です。計算式はいくつかあり、世界ではBMI法という計算が主に利用されています。この他の方法にローレル指数があります。ローレル指数は130が標準の数字とされており、計算は体重(kg)÷身長(cm)の3乗 × 10の7乗で算出することができます。ローレル指数を標準体重とするのは、小学生の身体計測などで使われていると言われています。男女毎に、年齢に伴うローレル指数の変化を見ると、男子でも女子でも似たような値になり、幼少時期と比較すると減っていきます。ただし、女子は小学校から中学校に移ると、ローレル指数が増えていきます。更に簡単に標準体重算出する方法として有名なのが、ブローカ式桂変法というものがあります。日本では、ブローカ式佳変法は簡易標準体重計算法という呼び名で親しまれ、使われています。算出方法は、(身長−100)×0.9とします。更に簡単にして標準体重を算出する方法もあります。男性や長身の女性は身長−110を標準体重と見なすことができます。女性は同様に105を引いて標準体重を出します。この計算方法の注意点は、身長が低いと標準体重と異なる結果が出ることがあることです。標準体重にはいくつかの考え方があり、計算方法も複数あります。(身長−50)÷2を標準体重とする加藤法や、身長−100をそのまま標準体重と見なす考えもあります。

養蜂堂 マカ王
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。